絶対に妊娠したくないのであれば日頃からトリキュラーを使用しましょう。ピルを服用することによって女性としては安全な性生活を過ごせるので、トリキュラーはとても便利です。

  • ホーム
  • トリキュラーは避妊だけではなく生理痛にも効果あり

トリキュラーは避妊だけではなく生理痛にも効果あり

微笑む女性

ピルは、欧米ではよく使われる避妊薬です。
低用量ピルが普及したため、日本でも低用量ピルを服用する女性が増えています。
低用量ピルには、女性ホルモンが含まれています。
1日1回低用量ピルを服用することで、排卵を抑えます。
低用量ピルのメリットは、避妊効果が高いことです。
低用量ピルを正しく服用すれば、避妊効果はほぼ100%です。
女性が自分自身で望まない妊娠を避ける方法のひとつが、低用量ピルなのです。
セックスの前に避妊ができているので、安心してセックスを楽しむことができます。
コンドームは、破れていて避妊が失敗するケースがあります。
しかし、ピルの場合は、正しく服用していれば失敗はありません。
低用量ピルを服用すると、ホルモンの作用により脳下垂体が妊娠したと感知して、黄体化ホルモンの分泌を抑えます。
すると、卵巣は排卵する必要がなくなるのです。
低用量ピルには、避妊効果だけでなく、女性にとって様々なメリットがあります。
生理痛が軽くなり、生理のサイクルが安定します。
また、生理前のイライラがなくなり、ニキビなどの肌のトラブルも起こりにくくなります。
さらに、子宮体がんや卵巣がんの予防にも役立ちます。
先進国では、ピルの服用率が高いです。
最も多いのがドイツで、60%の女性が低用量ピルを服用しています。
しかし、日本では2%弱の服用率です。
妊娠したくなったら、低用量ピルの服用を中止すれば、排卵が再開されます。
低用量ピルには様々な種類があります。
日本で人気がある低用量ピルが、トリキュラーです。
トリキュラーは、婦人科でも処方されている低用量ピルで、価格も手頃です。
トリキュラーを服用する時は、必ず使用方法と使用量を守ることが大事です。
そして、もし服用中に体に異常を感じた場合は、すぐに服用を中止して、医師の診察を受けることが大事です。

人気記事一覧