絶対に妊娠したくないのであれば日頃からトリキュラーを使用しましょう。ピルを服用することによって女性としては安全な性生活を過ごせるので、トリキュラーはとても便利です。

  • ホーム
  • 服用時で内容量が違うトリキュラー~乳癌のリスク?~

服用時で内容量が違うトリキュラー~乳癌のリスク?~

手で持たれる薬

トリキュラーは三相性タイプのピルです。
ピルには錠剤に含まれているホルモン剤の量が一定の一相性と、三段階にホルモン剤の内容量が変化する三相性タイプがあります。
一相性の場合、体内の女性ホルモン量がすぐに変わるので、体質などによっては頭痛や吐き気などの、副作用を感じやすくなるようです。
一方、三相性の場合、服用するタイミングでホルモン剤の量が、徐々に変化するよう作られています。
一相性のようにホルモン剤の量が一定では無いので、自然に女性ホルモンバランスを変える事が出来るのです。
ですので、トリキュラーは比較的副作用が起こり難いピルとして人気となっています。
ただ、三相性タイプは服用する順番を間違えてしまうと、避妊の効果を得られません。
トリキュラーには白い錠剤と黄色い錠剤、赤い錠剤とがあり、それぞれ服用するタイミングが決まっています。
正しい順番で飲むように注意しましょう。
飲み忘れをしたり順番を間違えそうという方の場合、どれを飲んでもホルモン剤の量が同じになる一相性のピルが向いているかもしれません。
トリキュラーを服用する事によって、避妊の効果を得られるのはもちろん、月経困難症や子宮内膜症の治療にも効果を発揮します。
最近は女性ホルモンバランスが崩れる事で起こる、大人ニキビの治療にも処方されるようです。
トリキュラーは副作用が少ないピルと言われていますが、巷にはピルを飲むと乳癌の発症リスクが高まるという噂もあります。
この噂は本当なのでしょうか?
健康な方がピルを服用しても、極端に乳癌を発症する率が、高くなる事は無いようです。
ただ、乳癌を患っている方や以前治療していたという方の場合、症状が悪化したり再発の恐れがあるので服用してはいけません。

人気記事一覧